ついに業者へ解決依頼

紙の詰まりや大便などのつまり以外でトイレのつまりを生じた時は、プロに任せるのがオススメです。排水溝はS字型をしていて衛生面を考慮した構造になっているのですが、これが難で詰まり安さの原因になってしまっています。最初のトイレの壁すなわちS字型通路を越えないところで詰まっているなら自力でも何とか解消できるのですが、その先までいってしまった場合は便器を外したついでに排水路も掘り起こすなどの工事が必要になってしまうケースもあるのです。そうなると素人では無理です。

近年増えて来たのがスマホやおもちゃをトイレに落としたというものです。大半はS字路を越える前に突っかかるはずですが、運悪くその先に行ってしまった時は業者に依頼した方が賢明です。その他ボールペンや消臭剤のキャップなどは便器を外さない限りとれません。小さいものですからそのままであっても極端につまるという事はありませんがカップラーメンなど油脂分を多く含んだ残飯をトイレに流した場合は排水溝の壁にへばりついて、空間を狭めてしまう事があります。

どのような方法をとっても流れの悪さが解消しない時は業者に依頼するのが良いでしょう。特につまりが原因というわけでもなく経年劣化で配水管の流れが悪くなってしまう事もあるのです。トイレのつまりの原因が特定できない時も業者に依頼するのが賢明です。