トイレのつまり対処法

トイレのつまりはほんとに困ります。そのまま放置するのは見るからに不衛生的だしストレスにもなるし、決して良い事にはなりません。そそのまま用を足していけばいつかは水があふれてきて目も当てられない状態になることは容易に想像がつきます。数千円かけて業者に助けてもらうのも1つの方法ですが、その前に自分でできる対処法を知っておくと、いざという時に役に立ちます。

よくおこるトイレのつまりの原因としてトイレットペーパーの使い過ぎや大便を大量にした時に流れが悪くなるケースです。いずれも浸水性がありますから、放置していても時間がたてば溶けて流れていくはずですが、早く解決したいなら一般的によく使われる方法として沸騰する寸前のお湯を少しずつ流していく方法です。

できる限り高いところから流すと、水圧と温度で早く溶けていきます。ティッシュペーパーを流してしまった時も詰まりやすいですから、この方法を使ってみてください。バケツで少しずつ水を流すだけでも違います。

それでも流れない時はラバーカップを使う方法もあります。この時は水が飛び散らないように周囲をビニール袋でカバーしてから行うと、やりやすいです。ラバーカップには和式用・様式用・節水便器用と種類が分かれていますから、自宅便器の種類に気をつけて準備するのが妥当です。劇薬を使ってトイレのつまりを解消する方法もあるのですが、かなり刺激臭がしますから喚起に注意して使うのがオススメです。通販で購入できます。

真空ポンプを使うという方法もあります。若干高額ですがプロも愛用する効果絶大な器具です。いずれの方法もトイレットペーパーや大便などのつまりで効果を発揮します。