おすすめは水道業者

トイレのつまりが発生して困った時はどこへ依頼したらいいのか困ります。一般的には水道業者への依頼になります。文字通り水回りの問題解決から設置関係まで一貫して行ってくれます。安いところなら5000円から依頼できますが、相場としては6000円以上から依頼できる形になります。ただし便器を外すなどの大がかりなものになると、1万円を余裕で越える形になることが多いです。

トイレットペーパーや便のつまりでも依頼すれば解決してくれますが、なるべく経費をかけたくないという人は、トイレットペーパーや便のつまりに限り、対処法はいくつもありますから、まずは試してみましょう。

スマホや時計、おもちゃ、歯ブラシ、消臭剤のキャップ、生理用ナプキン、歯ブラシ、ボールペンなどで詰まったり流れが悪くなったりした場合は、自分で解決するのは大変かと思いますから、業者へ依頼した方が賢明です。便器を外す作業となると専門業者でないと難しいですし、工具を使って外す事もあるいはできる器用な人がいたとしても、後々の事も考えるとやはり業者へ依頼する方が安心です。

女性の独り暮らしや生理用ナプキンが原因とわかっている時などは男性職員に抵抗を感じる事も多々あるでしょう。女性職員を派遣してもらえるかどうかを確認する事は可能です。通常見積もりは無料ですからこれも要確認です。

参考リンク⇒水回りのカイケツ君

ついに業者へ解決依頼

紙の詰まりや大便などのつまり以外でトイレのつまりを生じた時は、プロに任せるのがオススメです。排水溝はS字型をしていて衛生面を考慮した構造になっているのですが、これが難で詰まり安さの原因になってしまっています。最初のトイレの壁すなわちS字型通路を越えないところで詰まっているなら自力でも何とか解消できるのですが、その先までいってしまった場合は便器を外したついでに排水路も掘り起こすなどの工事が必要になってしまうケースもあるのです。そうなると素人では無理です。

近年増えて来たのがスマホやおもちゃをトイレに落としたというものです。大半はS字路を越える前に突っかかるはずですが、運悪くその先に行ってしまった時は業者に依頼した方が賢明です。その他ボールペンや消臭剤のキャップなどは便器を外さない限りとれません。小さいものですからそのままであっても極端につまるという事はありませんがカップラーメンなど油脂分を多く含んだ残飯をトイレに流した場合は排水溝の壁にへばりついて、空間を狭めてしまう事があります。

どのような方法をとっても流れの悪さが解消しない時は業者に依頼するのが良いでしょう。特につまりが原因というわけでもなく経年劣化で配水管の流れが悪くなってしまう事もあるのです。トイレのつまりの原因が特定できない時も業者に依頼するのが賢明です。

トイレのつまり対処法

トイレのつまりはほんとに困ります。そのまま放置するのは見るからに不衛生的だしストレスにもなるし、決して良い事にはなりません。そそのまま用を足していけばいつかは水があふれてきて目も当てられない状態になることは容易に想像がつきます。数千円かけて業者に助けてもらうのも1つの方法ですが、その前に自分でできる対処法を知っておくと、いざという時に役に立ちます。

よくおこるトイレのつまりの原因としてトイレットペーパーの使い過ぎや大便を大量にした時に流れが悪くなるケースです。いずれも浸水性がありますから、放置していても時間がたてば溶けて流れていくはずですが、早く解決したいなら一般的によく使われる方法として沸騰する寸前のお湯を少しずつ流していく方法です。

できる限り高いところから流すと、水圧と温度で早く溶けていきます。ティッシュペーパーを流してしまった時も詰まりやすいですから、この方法を使ってみてください。バケツで少しずつ水を流すだけでも違います。

それでも流れない時はラバーカップを使う方法もあります。この時は水が飛び散らないように周囲をビニール袋でカバーしてから行うと、やりやすいです。ラバーカップには和式用・様式用・節水便器用と種類が分かれていますから、自宅便器の種類に気をつけて準備するのが妥当です。劇薬を使ってトイレのつまりを解消する方法もあるのですが、かなり刺激臭がしますから喚起に注意して使うのがオススメです。通販で購入できます。

真空ポンプを使うという方法もあります。若干高額ですがプロも愛用する効果絶大な器具です。いずれの方法もトイレットペーパーや大便などのつまりで効果を発揮します。